2007年06月28日

保育園民営化の危機

最近、ルナが通っている区営の保育園が、
民営化されるとの噂が立ち始めました。

民営化されると、どうなるか。
先生が全員変わってしまいます。
見かけによらずデリケートなルナにとって、これは大問題!!
噂に名前があがった保育園は、近い将来ほぼ確実に民営化されていて、
多分免れないそうです。

同じ区内で、すでに民営化された保育園では、
ガラッと先生が変わり、子ども達が情緒不安定になってしまったそうです。
そりゃあそうですよね。
ずっと面倒を見てくれていた、大好きな先生がいなくなっちゃうんですから。

ルナは0歳からこの保育園に通っているのですが、
なかなか先生に気を許せない子でした。
家ではワガママ放題してても、
保育園では一切ワガママ言わずに、大人しくしていたらしいです。

そんなルナにも、特別に大好きな先生が3人いました。
1人は定年退職してしまった園長先生
ルナはまるでお友達のように懐いており、
いろいろな問題にも、臨機応変に対応してくれる、
保護者にもとても評判がいい先生でした。
いなくなってからは、ルナもしばらく悲しそうでした。

もう1人は、0歳の時からの担任だった少し年配のK先生
ルナが一番信頼している先生でしょう。
この先生だけには、早くから心を許し、素直な自分を出せていたようです。
今年度からは、ちょっと偉くなられたみたいで、
教室の担任からはずれました。
でも、ルナが「K先生がいなくて寂しい」と言っていたと知ると、
毎日ルナの様子を観に教室に来てくれるみたいです。
ありがたいですね。

一番仲良しなのは、若いM先生。
先生もシンデレラが大好き。だからルナととても話が合うらしい。
「ルナちゃんと、先生はお友達だもんね〜」と先生も言ってくれてます。
多分ルナも、どのお友達よりもM先生が大好きなんでしょう。
ルナの事をすごく可愛がってくれています。

ルナなりに、こんなに良い人間関係を頑張って築いてきたのに、
区の勝手な都合だけで、大好きな先生達とお別れさせられるなんて・・・。
可哀想すぎます。
どうにもならないのでしょうか??

ママがこの記事を見たら、
何かしら間違っている部分があるかもしれませんが、
私なりに把握している事情という事で。
posted by ルナパパ at 20:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 保育園民営化反対 !! の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

区長さんへの手紙

保育園の民営化について、
区長さんに手紙を書きました。
保護者会でこのような手紙や、
署名運動がだんだん盛んになってきました。
はたして、区長さんは、
子供を持つ親の気持ちを理解してくださいますでしょうか?
あとは人事を尽くして天命を待つだけです。


件名「●●保育園を民営化しないでください」

区長様、区民のために日々区政お疲れ様です。

私の娘は、0歳の頃より、現在3歳にいたるまで、
毎日、●●保育園に通わせていただいております。
近頃この保育園が民営化されるとの噂を耳にいたしました。
すでに民営化された他の保育園では、一気に先生が入れ替わってしまう事で、
多くの園児達が極度の情緒不安定に陥ったと聞きます。
うちの子も今の先生方に心を開けるようになるのに、相当の時間を要しました。
この保育園は、区営だからこそ安心して入園させたという事情もあります。

区のホームページにも、こう書いてあります。
「私たちは、子ども一人一人の心に寄り添い、居心地の良い環境の中で
成長につながる生活と遊びを保証します」
その言葉どおり、居心地の良い環境を保証してください。
今まで、愛情を注いでもらってきた先生が、ある日を境に
1人もいなくなってしまう。そんな状況が、子供にとって居心地の良い、
成長につながる環境であるはずがありません。
引継ぎの際には、今まで可愛がってくれていた先生が、
急に抱っこもしてくれなくなるなんて、
子ども達は人間が信じられなくなってしまうでしょう。
子を持つ親にとっては非常に深刻な問題です。

せめて、園児在園中の民営化はやめさせてください。


過去の関連記事
「保育園民営化の危機」
http://runarunagoroku.seesaa.net/article/46148271.html
posted by ルナパパ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 保育園民営化反対 !! の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

直接対決!! 父母vs保育計画課

日曜日、区が主催する「公設民営化説明会」が保育園でありました。

いままで父母会は、
反対署名、区長への意見メール・手紙などいろいろな手段で抵抗してきましたが、(返事は区長からでなく担当からの全員に同一のコピー文章)
いよいよ待ちに待った区との直接全面対決です。
(言い方は悪いけれども、私にとっては子供のための真剣な戦いです)

江東区はいままで2園を強引に民営化に切り替えしました。
その園の子ども達のほとんどが、情緒不安定になってしまいました。
区は仕方なくカウンセラーをつける処置を行いました。

まさに昼間のお母さん代わり、子ども達が何年も掛けて信頼関係を
築いてきた保育士さんが、全員一気に入れ替わってしまうのでは、
子供の心がおかしくなってしまうのは、あたり前です。

低賃金の民間保育士は3ヶ月くらいのペースでどんどんやめていくらしく、
それでも区は、今までと同等の保育レベルを約束しますと。
そんなに人が入れ替わってっちゃ、同等レベルなんて無理でしょ!!

この過ちを懲りずにまた、江東区はやろうとしているのです。
賛成なんてできるわけないでしょ?

うちのルナなんて、保育園の送りでは今でも毎日泣いてバイバイしてました。
民営化の話が出てからは、保育園の先生がたも動揺しているので、
その雰囲気を察知し、異常に泣きじゃくるようになり、
バイバイもしなくなりました。
こういう影響が出ている責任はどうやって取ってくれるのですかと、
妻が説明会で質問しました。
「(怪我以外の)目に見えない事の責任は取れません」ですと。
o(><)O
(こんな事言っていいの?これって結構な問題発言だよね?
しかも、かなりな失言じゃないのぉ〜。録画してるし。ニヤリ。)

このままの計画では平成21年度4月に民営化されてしまいます。



2時間を予定されていた説明会は予想通りヒートアップ!!
4時間におよびました。

区の担当・部長レベルでは、意見は聞きますけど、計画どおり進めます。
みたいな一方的な態度でしか話をしないので、
あなた達では話にならない「直接区長に区民の声を聞いてもらいたい」
というところに落ち着き、この説明会は不成立ということに。

結局、私たちの地区の数字・延長保育の必要性等リサーチを何もされていない、なんともズサンな説明会であったため、父母何も納得できず。
再度ちゃんと準備をしてからもう一度説明会を開いてくださいと要望し、
それは約束されました。
父母会としては、全員を納得させられる説明会がきちんと成立するまで、
次のステップ(委託業者の選定)には進まない事を約束してほしいと要望したのですが、
そこは約束されたような、されないようなあいまいな返事。

次回の説明会には区長を呼んできてくださいと再確認すると、

部長がひと言「区長が来る事はありません」
一同「はぁ〜??」「部長が決める事じゃないでしょ」
ヤジ「祭りには来れて、保育園には来れないって言うのか〜!!」
呆れた対応です。誠意のかけらも見受けられません。


私たちの保育園の猛反対ぶりは、いままでの2園に無い勢いだそうです。
今回の説明会では、父母会から議員の先生・区の父母連の方に傍聴をお願いしたり、
心強い味方になってくださる方もいらっしゃいます。

ひっくり返すのは難しいと言われている民営化計画。
ならばせめて延期を・・・なんて考えていたのですが。
みんなの勢いや、区の保育計画課のタジタジぶりを見ていると、
なんだか本当に勝てそうな気がしてきました。
posted by ルナパパ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 保育園民営化反対 !! の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

民営化、気持ち悪いもんね〜

最近、保育園民営化反対運動が活発に行われているのですが、
子供が不安がるといけないので、保育園でも、家庭でも、
なるべく子供の前ではそういう話は避けようという事になってます。

でもうちは妻が父母会役員なので、
ついつい家の中で熱く話し合いをしてしまったり、
父母会の資料作りなどで、
本を読んで〜と寄って来るのを後回しにさせてしまったり。

その状況をマズイ!!と思ったママは、
ルナに
「ルナは民営化のお話は嫌いなんだもんね〜」と聞きました。

するとルナ「気持ち悪いもんね〜」

パパ、ママ「ええ!!気持ち悪いの〜?!」

これまた斬新!!
こんな反対理由、思いつきもしませんでした。
父母説明会で、保育計画課に言ってやろうかな?
うちの子は「気持ち悪い」って言ってるぞって。
これこそ、子供の素直な気持ちだって。

posted by ルナパパ at 13:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 保育園民営化反対 !! の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

保育園民営化が1年延期になりました。

先日、江東区主催の「保育園民営化説明会」がまた開催され、当初計画していた21年4月の民営化を、22年4月に1年延期すると、保育計画課から発表がありました。父母からの理解が得られず、このまま計画どおりに進めていくのは困難であるという理由です。

保育園の父母達のあまりの猛反対ぶりに、区が一歩譲歩した形です。

ただ「保育士一斉総入れ替えによる、子ども達に与える影響」が大きな問題なのであって、
1年延期しただけでは問題の根本解決にはなっていないません。

区はまだ民営化を推し進める事を前提に話をしているので、
父母会は「民営化の必要性」からもう1度、話し合いをしたいと、あらためて要望しました。

以前の説明会で、父母から「区長もこの説明会の場に参加して、区民の生の声を聞いて欲しい」と要望しました。
しかし、保育計画課部長の答えは「区長が来る事はございません」と。

さすがの私もぶち切れ、言いました。
「父母と建設的に話し合いをする気があるなら、その言い方はないのではないか」
「来ませんじゃなくて、『前向きに検討する』とか、『区長に伝えます』とかそう言い方になるんじゃないのか」

いつもながら、区の態度にはあきれます。

しかし、父母会も黙ってはいません。
夏祭りには参加できても、説明会には参加できないという区長を、
父母会があれこれ手を尽くして、区議会議員さんたちにご協力をいただき、父母会役員5名と区長との面談をやっとこさ実現させました。

その面談の中で区長は、
「○○保育園の1人の子供に悪影響を与えるという事は、江東区全体の子供に悪影響が及ぶという事」
「父母と区の建設的な話し合いの中で、民営化が良くないという事になった場合には、区長の政治的判断によって取りやめるという事もある」
という話をいただいたという。(区長の発言はだいたいこんなニュアンスで合っていると思う)

しかし今回の説明会で保育計画課は
「区長のそのような発言は認識していない」
「民営化を取りやめる考えは無い。区長もそういう認識だ」と。
面談はいったいなんだったんでしょうか。

でもやはり、私個人の考えとしては、民営化推進を命題として動いている部署、保育計画課といくら話し合いをしてもらちがあきません。
多分彼らには民営化を取りやめる権限はないのでしょう。
まずは1年延期によって、話し合う期間が出来ました。
なので、取りやめる権限を持っている人、つまり区長との話し合いの場を作り続ける必要があるのだと思います。

子供にとって、保育士は昼間のお母さん代わりの存在です。
子供達が絶大な信頼を寄せている、なれ親しんでいる保育士さんがいるから子供も安心し、
親も安心して子供を預けられるのです。
お母さんが代わる、普通の家庭において、それって子供にとって大事件じゃないんですか?
そんな犠牲をはらってまで、民営化を推し進める必要があるんですか?
区に対して問い続けていくことになるでしょう。


posted by ルナパパ at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 保育園民営化反対 !! の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

あっ!!民営化だ!!

実施が1年延期された保育園の民営化。
問題が浮上してから1年近く経った今も、
区と保護者達のお互いの主張は、いまだ平行線をたどったまま。

何が問題になっているかをもう一度簡単に説明しときます。。
入園時に民営化する説明を受けていたならば、この保育園には入園させなかったわけなのですし。
それを急に民営化します。先生達は全員一気にいなくなります。では納得できないと・・・。

何度も重ねた区と父母達との話し合いの中で、
区の政策として民営化は避けられない状況なのは明白になってきました。
それにもかかわらず、会長がかたくなに推し進めて来た「絶対反対」の考え方では、話し合いの現状に合わなくなってきてしまいました。
ただ闇雲な反対では、交渉決裂のすえ強引な民営化が推し進められて、
こちらの不利に働く可能性がある。そのため徐々に会長の方針に疑問を持つ声が出はじめました。

そこで、父母会会長の交代を期に役員の有志により新組織の民営化対策委員会を立上げ、
「やり方さえうまくやってくれれば、絶対反対ではないよ」統一路線に変更。
保育士を一気に入れ替えてしまうやり方が、子供への精神的負担が多き過ぎるわけであり、
そこさえクリアしてくれれば、我々は民営化しても問題は無いわけなのです。

1年近くたっているので、区の保育計画課も人事異動の時期。
今まで父母と中心でやりとりをしていた課長が移動になり、
同じ課にいた別の人が新しく課長になりました。

その新課長が保育園に挨拶にやって来た時、
ルナも顔を覚えているらしく顔を見るなり、大声で叫びました。

「あっ!!民営化だ!!」

保育園中、爆笑の渦に。
新課長も苦笑いしながら「うん。確かにそうだ」と。
posted by ルナパパ at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 保育園民営化反対 !! の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪人気ブログランキングをクリックして投票よろしくね
banner2.gif にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。