2009年06月25日

夏ってドキドキするよね

NEC_0207.JPG

ドコモのCMで、堀北真希さんが花火をしながら
「夏ってドキドキするよね」と聞かれて「うん」とうなずくシーンがあります。

雨宿りしていると、見知らぬ男性から傘を譲られ、
男性はずぶぬれで雨の中を走っていくというシュチュエーションなのですが、

これを見ながらちょっとルナに聞いてみました。

パパ「夏ってドキドキする?」 

すると意外な答え。

ルナ「する」

パパ「えー。何にドキドキするの?」

ルナ「花火持ってると、火こないかなーってなるからね」

なるほど、それは確かにドキドキする。

ルナが男性にドキドキを覚えるのはまだまだ先の話かもしれないけれど、
ルナもドキドキする夏はもうすぐやってきます。

花火、プール、お祭り、楽しい事がいっぱいで、夏は待ち遠しくてドキドキするね。
posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

初めてのキャラ弁

保育園で親子遠足がありました。
三郷公園に行ったそうです。
そして、ママが初めてのキャラ弁作りに挑戦。

NEC_0216.JPG

お願いマイメロディーの「クロミちゃん」です。
マイメロより作るのが簡単そうなので、脇役をチョイスしたそうです。

はじめてなのに結構うまく出来てるんじゃない。

ルナにはどんなお弁当を作ったのか秘密にしてました。

お昼の時間になって、いざ食べる時になったら、
初めて見るキャラ弁に、
どうやって食べたらいいのかわからずに困惑して
しばらく固まっていたそうです。

posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

三沢光晴の訃報

私はプロレスが大好きです。
強いレスラーが圧倒的な強さで勝つ。
そんな強いレスラーに憧れをもっていました。

外国人ではスタンハンセン。

日本人ではジャンボ鶴田亡きあとは、
三沢光晴が一番好きなプロレスラーでした。

その三沢光晴さんが、
昨日、試合中にバックドロップでお亡くなりになったと知りました。

久しぶりに受けた衝撃でした。
あの強い三沢が・・・信じられないです。

どんなに強く、鍛え上げられたレスラーだって、
力道山のように、ナイフで刺されれば・・・
ジャンボ鶴田のように、腎臓疾患を患えば・・・
受身の天才三沢光晴だって、なんの前触れもなく・・・
人間の「命」っていきなり消えてしまう儚いものなんだなって。

超世代軍時代
変形フェイスロックで鶴田から初のギブアップ勝ちをし、
鶴田超えを果たした時、
私はテレビの前で一緒になって「ヤッター」と大喜びしたのを覚えています。

川田利明との三冠ヘビー級選手権試合は、
お互いを知り尽くしているレスリング部の先輩後輩同士。
何度やっても、限界を超える壮絶な試合になった。
毎回脳天から落とすような受け身をとれない危険な技をくり出さないと
決着がつかない。いつ見てもハラハラした。
プロレスが完全に八百長だなんて言い張っているすべての人に、
三沢対川田の試合を見せたいと思う。
彼らの試合を見てから、八百長かどうか判断してみたらいいだろう。

虎のマスクを脱ぎ捨てた時の衝撃
天性の運動神経を生かした天才的な切り返し。
絶対にギブアップはしない精神の強さ。
他の選手のとは明らかに重みの違うエルボー。
タイガードライバー。エメラルドフロージョン。フェイスロック。
エルボースイシーダ。

そして、タッグでは若手に任せて自分はほとんど休んでいる姿(笑)。

いろいろな場面が頭に浮かんできます。
もうあの勇姿が見られないなんて。

やっぱりあなたは、魅力いっぱいのレスラーでした。
たくさんの夢と希望をありがとう。
心より御冥福をお祈り申し上げます。
posted by ルナパパ at 12:44| Comment(1) | TrackBack(0) | パパの関心事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

キッザニア初体験

ママとルナが初めての「キッザニア」に行ってきた。

ママが撮ったビデオを見せてもらったけど、
最初に銀行の窓口のお姉さんにいろいろ説明されて、
わかってるんだか、わかってないんだか、
ウンウンとうなずいて、
とにかく無事に財布とお金をもらって、いざ職業体験。

ちゃんと真剣にお仕事してましたよ。感心、感心。
お医者さん(内視鏡手術)と、コーラ屋さんと、歯医者さんと、
パン屋さんと、花屋さんと、ファッションモデルを体験出来たみたい。

ファッションモデルは、
ショーの一部始終をDVDにしてプレゼントしてもらえます。
ルナはちょっと肩を斜めにするセクシーなポージングを決めてました。
自分で考えたんだそうです。堂々としたもので上手でしたよ。

この写真が、ステージ衣装。
みんな長いドレスだったのに、この衣装ってば・・・。
ルナはテクノカットだから、それっぽくこのセレクトになったのかな?
※写真をさらに携帯のカメラで撮ったのでボケボケ。

NEC_0221.JPG


歯医者さんの写真も見せてもらったけど、
本物の歯医者さんみたい、真剣な表情だね。すごい。
普段ふざけてばっかりだけど、けっこう真面目に取り組むんだよね、
ルナは。

NEC_0220.JPG


やりたかった、看護婦さんとピザ屋さんなんかも時間が無くてできなかったみたい。動物病院ってのは探したけど無かったって。

すごく楽しかったって言ってるので、いつかまた行けるといいね。





posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ディズニードリームファイル

デアゴスティーニってご存知でしょうか。
テレビCМでよくやってるんだけど、
毎週模型とかのパーツが少しづつ送られてきて、
毎週買っていくと、最終的に完成するってやつ。
たとえば「週刊安土城を作ろう」とかね。

ディズニー好きな私は
前から、「週刊ディズニードリームファイル」ってやつが
ちょっといいなーと、すごく気になっていたんですが、
ルナの誕生日プレゼントとしてとうとう買っちゃいました。

素敵な白いミッキーの特製バインダーに、
毎週発売されるディズニーキャラクター等の情報を綴じていくと、
最後にはディズニー大百科が完成するってものです。

値段を見ると毎号580円
創刊号はバインダーも1つ付いて280円。
現在3号まで発売されていたので、
安いからルナに!!と思って気軽な気持ちで購入しました。 

が・・・。
家に帰って、たぶんルナよりもワクワクしながら、
読み進めていくと、
10号やそこらで終わるのかな、なんて勝手に思っていたのですが、
45号まで続くらしい。
特製バインダーもあと4つくらい追加購入しないといけないらしい。

とすると、すべて完成するまでにかかるお金は・・・
計算すると約28,000する、大変高価な百科事典に。

安いと思わせといて・・・やるなデアゴスティーニ。

ルナに冊子からページを切り離して、
順番を教えながら渡してあげてファイリングして、
なんでも自分でやりたがりのルナはすごく楽しそうでした。

特にプーさんの100エーカーの森の全体地図が気に入ったみたいで、
二人で夜更かしして読んじゃいました。

面白いぞ、やるなデァゴスティーニ。


posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

バースデーケーキ作りのお手伝い

パパが帰宅すると、玄関まで駆け寄ってきたルナに、
「なんで帰ってきちゃうのよ〜」と言われました。
せっかく早く帰ってきたのにひどい・・・。

この日はパパの誕生日でした。

「帰ってきちゃだめだったの?」と聞くと、
「まだケーキ作ってるのに〜」ですって。

エプロンを着て、ママと一緒にケーキを作ってくれていたのです。

NEC_0209.JPG

NEC_0212.JPG

ルナはクリームを塗って、フルーツを飾り付けたらしいです。

「パパは何歳?」と年を聞くと、
ロウソクがそんなに無いと困っていましたが、
適当に三本ローソクを立ててみました。
そして、なぜかルナもロウソクの火を吹き消す。
今年も一人では恥ずかしくて歌えず、
ママと一緒にハッピーバースデーの歌を歌ってくれました。

ルナとママ、ありがとう。
posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

パパの職場を見学だ

パパの職場にまた遊びに来ちゃいました。
これで三度目です。

初めて来た時なんか、パパの足もとにしがみついて
後ろに隠れちゃってたんだけど、今回はもう堂々としたもの。
すぐにホワイトボードに落書きを始めました。
何を書くのかと思っていたら、
いきなり、ひらがなで「ちん○ん」
そして、その絵まで描き始めた。
バカ・・・。最近下品極まりないルナです。

この日は窓口に誰も来ない、特別な日だったので、
パート職員のIさんが、つきっきりで遊び相手をしてくれました。
すると何やら窓口のカウンターで「お店やさんごっこ」がはじまったようです。

NEC_0194.JPG

Iさんに手伝ってもらって、財布やお金・ポイントカードも作り、
ずいぶんと本格的なお店やさんになりました。

NEC_0193.JPG

「お客さーん、来てくださーい」と呼ぶので、
皆に配られたお金を持って、お店に行きました。
何を売っているお店なのかな?
野菜に混じって、「ガンダム」や「お内裏様」も売ってるみたい。
なに屋さんなんだ???

NEC_0192.JPG


Iさんは娘さんがいらっしゃるので、子供の扱いはさすが。
まるで幼児学級の先生のように、
想像力をはぐくむお絵かきやマグネットを使った造形など
とても頭の良くなりそうな遊びもしてくださってました。
パパも見習わなくては。

たっぷり相手をしていただいて、
一日中とてもハイテンションだったルナは、
帰りの車の中ではすぐに爆睡でした。
職場の皆様たくさん遊んでいただいてありがとうございました。
きっと楽しい夢をみているんでしょう。

NEC_0197.JPG

家の駐車場に着き、
車を停めるとお目覚め、大好きな助手席に移動して
なぜかグラサンで「トゥース!!」 (byオードリー春日)

NEC_0199.JPG

パパの仕事ぶりなど、一切無関心に遊びまくった
職場見学でした。
posted by ルナパパ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

GAPの前で怖い顔

NEC_0179.JPG

豊洲のららぽーとのGAPの前です。
何〜んの意味もありません。
ただ、怖い顔をしてもらいました。
光の加減でまゆ毛のない人みたいで「怖っっっ」


タグ:変顔 怖い顔
posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

顔と顔でマークを合わせて

NEC_0190.JPG

ルナが最近自分で出来るようになった事の1つ。
バスタブをまたいで自分で湯船を出入り出来るようにもなりました。

背が大きくなったとはいえ、湯船の高さと足の長さがギリギリなので、
慎重にゆっくりゆっくりまたぎます。

そして、またぎながら必ず大きな声で言うのが、

「顔と顔でマークを合わせて、ほら、出来た」

何の事なのか何度聞いても教えてくれないので、まったく意味不明。


毎回必ず言うといえば、
何でもやりたがりのルナは、
寝る前に電気を消すのも自分でやりたがる。
そのときに必ず、

「みんな寝るから真っ暗する」

毎日、毎日このセリフを言わないと気がすまないみたい。

※写真は、記事とは無関係ですが、
あられちゃん人形にのメガネを奪って自分で掛けちゃった、
不細工顔のルナ。

posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

GWモンスター渋滞 (後編)

NEC_0187.JPG

さあ、那須塩原から秋田の十文字へ向けて出発です。

とんでもなく時間がかかる旅路なので、
運転者は3人交代制。
先発はママ。
中継ぎはパパ。
抑えはじいちゃん。

の予定でしたが・・・
モンスター渋滞の恐ろしさ。
行けども行けども、そこらじゅうのサービスエリアが、
入り口の外まで車があふれかえっていて入れない。

つまり運転者交代が出来ません。 

パパが一番慣れている車なので、メインはパパで、
ママとじいちゃんはちょっと手伝ってもらえればいいやくらいに考えていたのですが、

なんとなく決めた3人の運転の順番が、かなり明暗を分けることに・・・。
トップバッターのママが一番きつい渋滞で、一番長い時間運転するはめになり貧乏くじ。
じいちゃんは結局運転せずにラッキーってことに。

渋滞といえば、もう一つ困るのはトイレ。
やっぱりルナがおしっこしたくなりました。
簡易トイレは容易していたのですが、
それではなんかやりづらいみたいで出ない。
じいちゃんとばあちゃんに支えられながら、
立ち上がって、スーパーの袋にジョーッっとしてました。

ルナいわく「白い車の人、指差してた」そうです。
そりゃあ、オマタ丸出しで立ち上がってる人がいたら、指も差されるかもね。
でも、子供だからまあいいんじゃない。

通常は4時間〜5時間くらいで到着するところ、
結局ママが5時間、パパが4時間運転して合計9時間かかりました。
(すごい飛行機でどこかの外国にいけちゃうような時間じゃん!!)


秋田の家は、まわり一面さくらんぼ畑で、
周辺にとくに何も無し。
どこかを観光するわけでもなく、
行きの疲れを癒すためと、
帰りの長距離ドライブに備えてひたすら睡眠に時間を費やしてました。
そしてもてなされるがままにひたすら食べて飲んで過ごし、
2泊もしたとは思えないほど、のんびり過ごしたあっという間の三日間でした。

秋田の言葉は通訳が必要だと聞かされていましたが、
まあ、本当にわからないこと。
パパが覚えて帰ってきた言葉は
「まつも」(海草らしい)と「いぶりがっこ」(くんせいにした沢庵)だけでした。
どっちも言葉じゃなくて料理名だけどね。

ルナも親戚のお姉ちゃん達が何人も居て、
その中で一番ちびっ子だっだせいか、いっぱい構ってもらって、
遊んでもらってすごく楽しかったようです。
DSしたり、花火したり、シャボン玉したり・・・。
ずっとお姉ちゃん達にくっついて走り回ってました。

帰りはパパが1人で運転、6時間半くらいで那須塩原に着きました。
とんでもなく時間はかかりましたが、

仮に新幹線等の電車で移動した場合
片道13,500円×4人×往復=108,000円 かかるところを
今回はガソリン代と高速代2,000円だけなので、
約10万円の節約となったわけで、
1000円乗り放題に感謝ですな。

通常の高速代金にしても、
片道7,750円×往復=15,500円 なので、
13,500円浮きました。

運転が大好きなパパも、
もういいってほど運転出来て満足だったし。
よかったよかった。

下の写真は、秋田で買ったお土産
やきそばドロップをお土産にするセンスが素敵でしょ。

NEC_0188.JPG
posted by ルナパパ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

GWモンスター渋滞 (前編)

去年の8月、
人さらいにでもさらわれたかのように泣き叫びながら、
じいちゃんと二人っきりで新幹線で黒磯(那須塩原)に帰ったルナ。

そのときの記事はこちら↓
http://runarunagoroku.seesaa.net/article/104575369.html


もうすぐ5歳になる今年のルナは、
「じいちゃんと二人で黒磯に行く」と言い出しました。
まあ、一年でなんともたくましくなったこと。

でも、黒磯に行きたい本当の本当の理由は
別のところにありました。

ある日のつぶやき・・・。
ルナ「あーあ、早く黒磯に行きたいな〜」
  「だって、(黒磯なら)パパとママがいないから怒られないもん」

毎日怒られてばっかりのおバカ娘は、
秘かにこんな事を考えていたのですね。


今年のゴールデンウィークは、
黒磯じいちゃんの実家の秋田で法事があります。

今まであまり旅行に連れて行ってもらえていないルナが最近、
「知らないところに行ってみたい」なんて言うもんで、
ならば秋田へでも行ってみるかという事になりました。
話題のETC搭載車の「高速道路乗り放題1000円」も始まったしね。

というわけで、
4月30日 ルナはじいちゃんと二人で先に黒磯入り。
5月1日  仕事が終わってからパパとママが車で黒磯へ。
5月2日  みんなで午前10時に那須塩原から秋田の十文字に出発。

「乗り放題1000円」と「ゴールデンウィーク」の影響で
とんでもない大渋滞が予想されていましたが、
運転が大好きなパパには問題なし!!レッツゴー。

パパも日本国内は新潟より北に行ったことがありません。
初めての秋田に少しウキウキです。

後編へつづく。




posted by ルナパパ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

IQテストの結果がでた

NEC_0168.JPG

2月13日の記事「IQテスト?」
http://runarunagoroku.seesaa.net/archives/20090213-1.html

で書いていたIQテストを
ルナが手術を受けた病院で、昨日受けてきたようです。

妻が立ち会っていたので、
どんなテストをしてきたのか話を聞いてみると、

組み立てた積木を何秒か見せた後、崩して同じ形に組み立てさせるとか、
人間の形が途中まで書いてある絵に、足りないものを描き足させるとか、
簡単な算数とか
ほかにもいろんなテストを臨床心理学の先生と一緒にやったみたいです。

今回の算数は、Aちゃんがリンゴを2個持っていました。
Bくんが来てリンゴをもう2個くれました、全部でいくつ?
みたいにやったようですが、

ルナは「2+2=4」といきなり教えて理解してしまい、
そういう教え方はしたことがなかったので、
出来るかなと心配しましたが、全問正解してしまったそうです。


テストの結果、

記憶の分野が「119点」

言語能力・算数の分野が「122点」

総合すると「121点」


(この点っていうのは?、そのままIQが121って事???)

平均を100とするらしいので、
五歳から五歳半くらいの知能指数なんだそうだ。
すごいじゃんルナ。

とんでもなくおバカですって言われたらどうしようって
思っていたので、とりあえずホッとしてます。

賢そうだからテストでどんな点が出るか楽しみだ言って
テストを受けさせた先生(手術をしてくれた先生)も
「ほら、いったとおりでしょ」といわんばかりで、
この結果にたいそうご満悦だったとか。

あとは、この能力をどう伸ばしてやるかなんだそうだが、
はてさて?
そう言われても親は何をどうしたらよいのでしょう?

昨日はママとこの事について真剣に話し合ってしまいました。
結論の出る話ではありませんが、
なんとなく、興味を持ってやりたいと思う事を
やらせてあげればいいんじゃないかって方向に。

とりあえず学校に行くようになったら、
パパが「勉強は出来ると楽しいんだ」って事を
教えてあげる事からはじめるかな。
posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 二分脊椎について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

真夜中の昔ばなし

今まで、どんなに黒磯じいちゃんが一生懸命
「一緒に寝よう」と誘っても、
電気を消したとたんにパパ・ママの部屋に泣いて戻ってきていたルナですが、
この間、初めてじいちゃんと一緒に寝たいと自ら言いだしました。
しかもじいちゃんがいる間は、毎日同じ布団で寝たいと。
パパ・ママみたいに怒らないし、思いっきり遊んでくれるから、
じいちゃんが大好きなのです。

電気を消してルナとじいちゃん、
パパとママがそれぞれ別室で寝ようとしたとき、
ルナがじいちゃんに昔話を話して聞かせている声が聞こえてきました。

ルナ「むかし、むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。」
ルナ「おばあさんは川に洗濯にいきました。すると川から・・・」
じいちゃん「おじいさんはどこへ行ったの?」
ルナ「おじいさんはどこに行ったか解んないから、やめた!! 」


どんなお話をするのかちょっと楽しみにしていたのに、
やめちゃうのかよっ!!

私は、まったく変な話をしているじいちゃんと孫だなぁくらいにしか思っていなかったのですが、
明日早いから、すでに寝ようとしていたはずのママが、
ルナの変な昔話がツボにはまってしまい、クスクス笑い出しました。

翌朝ママが
「変なお話が聞こえてきて寝れなくなったじゃない」と二人に抗議
していた事はいうまでもありません。
posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

おばさんみたいに産まれた・・・

NEC_0157.JPG

「どうしてこんなに、おばさんみたいに産まれてきたんだろう・・・」

最近ルナがこんな事をつぶやいていた。

誰に言われたんだか、何をどうしてそんな事を思うのか・・・。
ピカピカの四歳児のくせして、
そんな事を気にする年頃じゃないでしょあんたは。

心配いりません。
誰がどうみたって、若すぎるくらい若いですから。

posted by ルナパパ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

どこから間違い探しでしょうか?

NEC_0170.JPG

NEC_0169.JPG

ルナ「パパ!!間違い探し描いたの」

パパ「おおっ。すごいじゃん。見せて」

ルナ「いいよ。」
  「まず、どこから間違い探しでしょーか?」

パパ「えっ?どこからって・・・・どういうこと」

まあ、間違い探しって書いてあるし、
本人も間違い探しだって言ってるし、まあいいか。
タグ:間違い探し
posted by ルナパパ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おバカ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

♪人気ブログランキングをクリックして投票よろしくね
banner2.gif にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ